本文へスキップ

微生物や細胞のはたらきを知り、その機能を産業的に応用することを目指しています。

スタッフ

  教授   片倉 啓雄
  助教   山崎(屋敷) 思乃



教授 片倉 啓雄(Yoshio KATAKURA)

○○○○○○○○イメージ

略歴
大阪府出身
1982
年:大阪大学工学部発酵工学科卒業
1984
年:大阪大学大学院工学研究科発酵工学専攻博士課程修了
1984
年:オリエンタル酵母工業株式会社中央研究所勤務
1990
年:農学博士(東京大学)
1993
年:大阪大学大学院工学研究科応用生物工学専攻助手
1999
年:    同       応用生物工学専攻学内講師
2003
年:    同       応用生物工学専攻助教授
2007
年:    同       生命先端工学専攻准教授
2010
年:関西大学化学生命工学部生命・生物工学科教授 現在に至る。


専門分野
微生物工学、生物化学工学、技術者倫理

主要研究テーマ
固体連続併行復発酵によるバイオエタノール生産
固体連続併行復発酵に適したセルラーゼの開発
バクテリアによるバイオマスの脱リグニン、食品廃棄物からのバイオエタノール生産
乳酸菌と酵母の共培養における相互作用の解析
乳酸菌の炭水化物への接着現象の解析とプロバイオティクスへの応用


研究経歴
酵素の耐熱性に関する研究(修士)酵母の培養・育種・有用物質生産およびパン生地物性に関する研究(オリエンタル酵母)、酵母の分泌とタンパク質のフォールディングに関する研究(東京大学)の後、抗原抗体反応のkinetics、ファージディスプレイによる抗体およびペプチドのスクリーニング、動物細胞・酵母・乳酸菌による有用物質生産(大阪大学)などの研究を行ってきた。ここ数年は上記テーマに注力し、理論に基づく実用性を重視した研究を進めている

主な学会活動
日本生物工学会(代議員)、日本乳酸菌学会(理事)、化学工学会、日本農芸化学会、日本生化学会、
日本工学教育協会

受 賞
日本生物工学会論文賞(2002年)
5回 日本e-Learning大賞 文部科学大臣賞


趣 味
スキー、フリーセル

得意なこと
わかりやすい例え話

苦手なこと
人の顔と名前を覚えること


このページの先頭へ


助教 山崎(屋敷) 思乃 (Shino YAMASAKI-YASHIKI)




略歴
富山県出身
1999年:大阪大学 基礎工学部 化学応用科学科 飛び級のため中退
2001
年:大阪大学大学院 基礎工学研究科 化学系専攻 博士前期課程修了
2004
年:大阪大学大学院 基礎工学研究科 化学系専攻 博士後期課程単位修得退学
2004
年:富山県射水市立新湊西部中学校 教諭(理科)
2006
年:博士(工学)(大阪大学)
2007
年:(財)富山県新世紀産業機構 博士研究員(富山県立大学に派遣)
2008
年:出産・育児のため中断
2009
年:富山県立大学 生物工学研究センター 博士研究員
2010
年:富山県薬事研究所 研究員
2014
年:関西大学 化学生命工学部 生命・生物工学科 助教 現在に至る。


専門分野
生物化学工学、酵素工学

主要研究テーマ
ペントース発酵微生物を用いた固体連続併行複発酵によるエタノール生産の効率化
固体発酵における微生物挙動の解析ツールの開発
免疫応答を指標とした食品廃棄物の有用性評価
免疫賦活作用を有するプロバイオティクスの探索と作用機序の解明

研究経歴
大学院では、動物細胞培養における培養面修飾による細胞挙動の制御(修士)、移植用軟骨組織培養のための培養プロセスの開発と組織内細胞増殖様式の予測ツールの開発(博士)に関する研究を行った。酵素を用いた血中アミノ酸定量法の開発(富山県新世紀産業機構)やペントース発酵糸状菌の代謝経路の解析(富山県立大学)など酵素に関する研究、粘膜免疫における抗体産生に関する研究(富山県薬事研究所)を経て、現在に至る。

主な学会活動
日本生物工学会、日本農芸化学会、化学工学会、日本乳酸菌学会

受 賞
化学工学会 化学工学論文集優秀論文賞(2005年)


バナー

関西大学 化学生命工学部
生命・生物工学科 
生物化学工学研究室

〒564-8680
大阪府吹田市山手町3-3-35
関西大学 千里山キャンパス

TEL 06-6368-1121(代表)